新たな時代の心不全チーム医療

新たな時代の心不全チーム医療
~One Teamで描く心不全医療の未来像~

近年、心不全に対する治療が進歩し、エビデンスに基づいた治療法がガイドラインにおいても推奨されるようになっている。

しかし、慢性心不全患者の多くは再入院を繰り返すことから、実臨床においてはその予防対策が急務の課題となっている。
再入院予防には、医学的要因に加えて服薬アドヒアランスの低下や独居などの社会的要因、
さらには不安などの心理的要因への対応も重要であることから、
多職種による包括的管理が欠かせない。

そこで、心不全診療の第一人者として活躍される先生方に、チーム医療による心不全診療のあり方や未来像についてお話しいただいた。

このコンテンツは2020年10月に日経メディカルに掲載された記事をもとに制作しています。

  • 特集に寄せて

    監修 国立大学法人東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学
    教授 小室 一成 先生

    国立大学法人九州大学大学院医学研究院 循環器内科学
    教授 筒井 裕之 先生

  • ガイドラインに準拠した心不全の薬物治療

    監修 国立大学法人九州大学大学院医学研究院 循環器内科学
    教授 筒井 裕之 先生

    心不全進展ステージC/Dの薬物治療

    わが国で実施されている循環器疾患診療実態調査(JROAD)によると、心不全は急性心筋梗塞に比べて入院患者数が多く、その増加割合も大きく、さらに高齢の患者が多いことなどが示されている。

  • 今求められる心不全チーム医療の在り方とは

    監修兵庫県立尼崎総合医療センター 循環器内科 科長
    佐藤 幸人 先生

    心不全におけるチーム医療の重要性

    日本循環器学会と日本脳卒中学会が2016年に策定した「脳卒中と循環器病克服5ヵ年計画」1)では、脳卒中と循環器病の多くは完治することなく再発を繰り返して死に至ることから、急性期ばかりでなく

  • チーム医療を促進させるために
    ─看護師の視点から(心不全療養指導士を含む)─

    監修 神戸市立医療センター中央市民病院
    慢性疾患看護専門看護師 仲村 直子 先生

    心不全チーム医療における看護師の役割

    心不全は、急性増悪による入退院を繰り返すうちに、徐々に心機能は低下し、最終的には死に至る進行性の病気であると言われている。

  • 高齢心不全患者に対する運動療法の有用性
    ─理学療法士の観点から─

    監修 医療法人社団 誠馨会 新東京病院
    内山 覚 先生

    心不全患者に対する運動療法の効果

    心不全患者に対する運動療法は、心不全のステージAからステージCまで広く効果的で、標準的な治療として位置づけられている。

Viatris e Channelは、医療従事者向けの総合情報サイトです。

ご利用にあたっては以下の利用条件をご覧ください。

  • ■ご登録は医療機関にお勤めの医療系国家資格保有医療従事者に限らせていただきます。
  • ■原則、会員登録はお一人様につき、1アカウント(ID)のみとさせていただいております。
  • ■ご登録いただいた個人情報は会員登録完了のご案内、弊社からのメールご連絡(メール受信を希望しない場合を除く)の際に利用させていただきます。
  • ■会員のアクセスログは、MRからの情報提供、Viatris e Channelの利便性向上のために活用させていただく場合がございます。
  • ■以下の場合、通知をすることなく会員の資格の取り消しを行うことがございますのでご了承ください。
    • ・登録内容の変更において、医療機関にお勤めではなくなられた場合
    • ・登録内容に虚偽が判明した場合
    • ・会員の死亡、転出先不明等により、弊社が合理的な通信手段を用いても会員ご本人と連絡がとれなくなった場合
  • ■その他、ご利用にあたっては利用規約が適応されるものとします。

会員登録されていない方

医療関係者の方は、製品に関する情報や一部コンテンツをご利用いただけます。対象の職種をお選びください。

※医療関係者でない方はこちら

ご注意

ヴィアトリスグループのウェブサイトを離れ、リンクされた他のサイトへ移ります。

弊社は、厚生労働省「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」に則り、提供相手方のお名前・ご施設名を記録させていただいております。閲覧をご希望される際には、お名前・ご施設名を入力いただきますのでご了承ください。なお、入力いただいた情報、および閲覧された資料は、以下の利用目的の範囲で利用記録として収集、記録、保存させていただきます。収集した個人情報は以下の目的のみに利用いたします。

利用目的:情報の提供先の把握、記録、保存。

取得した個人情報の取り扱いに関しては、当社のプライバシーポリシーをご参照ください。

一部製品において、ご提供いただいたお名前、ご施設名をヴィアトリスグループ会社間に共有させて頂くことがあります。

「Q&A*」ページには以下の情報が含まれております。ご利用に際しては、ご利用者において十分ご留意ください。

  • ・承認された事項(用法用量、適応、剤形など)以外の情報
  • ・未承認の製品に関する情報
  • ・販売を中止した製品の情報

なお掲載されている全ての情報は、無断で複製すること、第三者に頒布することを禁止いたします。

*:Q&Aの一部のコンテンツは、海外で作成した資料のため日本の文献情報等が一部含まれていない場合もございます。また、最新の情報をお届けするために、要旨、添付文書情報、免責条項以外は海外で作成した英語原文での回答とさせていただいてるコンテンツもございます。

以上の事項に同意のうえ、ページを移動しますか?

検索中...